日記

2014-07-17 20:00:00

今日は無事に山鉾巡行が終わったようですね。

さて、先日夜10時ごろ、アレルギーがでて薬もないため病院に行きたいと言われるお客様がいました。

夜間だし、近くの個人病院は開いてませんので、数件の総合病院に連絡しました。でも、「うちではちょっと」「2時間以上は待ってもらいます」「英語ができる医師がいないので外国の方はちょっと」と対応ができないことを告げられ、落胆していました。その間にもじんましんがひどくなっていくのが目に見えてわかります。困った矢先、最後にかけた病院の方が夜間の病院を探してもらえるという電話番号を教えてくださり、それでも3件ほどかけたのち、受け入れてくれるところが見つかりました。

話口の方はとても丁寧で、英語ができる医師がいる病院、地下鉄沿線上の病院、下京区の病院などいろんな条件がありながらも親身に探してくれました。そして、無事に病院に行くことができ、次の朝にはすっかり元通りの肌になり、大変喜ばれていました。

旅先で、国内でさえ病気になると不安ですが、海外ともなるとその不安ははかりしれませんね。私も旅先で風邪を引いたことがあるので分かります。これまでも何人かお客様を病院へ案内しましたが、それは昼間で、今回のような夜間のケースは初めてだったので私自身も大変動揺しました。でも最終的には病院が見つかって、対応してくださったのでよかったです。

その、夜間の病院を探してもらえるところはこちらです。(京都限定)↓

京都府救急医療情報センター(電話:075-661-5599)

 

もしもの時には電話してみてください。