日記

2014-12-12 17:00:00

このところ、更新が滞っていました。

めっきり寒くなりましたね。でもまだたまに、半袖の観光者を街で見かけます。私にはまねできません。私はというと、ヒートテック2枚重ね、貼るカイロ、タイツにレッグウォーマーとだいぶ着こんでいます。

 

さて、今日バスカードを購入しました。

いつもは普通の緑のデザインだったのが、一転、アニメつきの告知でした。

その告知とは、「市バスでもICカード使えます 平成26年12月24日スタート」です。そう、これまで市バスではICカード(イコかとかスイカとか)が使えなかったのです。東京でスイカを買ったお客さんが、市バスではそれを使えないと分かった時の落胆した顔、何度も見てきました。私もこんなに観光都市なのになんで使えないんだろうって思っていました。だって、お隣の県のちょっと田舎の方のバスは使えるんですよ。

これで少しはすっきりですね。あとは、市バスカードに英語表記が欲しいのと、地図に実際にはある近くの路線を載せて頂くと、当宿としては嬉しいです^^

この情報の詳しいこと、使えるICカードの情報はこちらのホームページで確認してください。

京都市交通局

 

また明日からぐんと寒くなるようです。お体大事にしてください。


2014-09-18 11:00:00

このところ晴天が続き、昼間はまだ汗ばむくらいでしたが、本日は曇ってひんやりしています。

 

先日幸せのおすそ分けを頂きました。

それは、

ヤサカタクシーの四葉のクローバー車。

信号停車中、運転手さんが「これは四葉のクローバーのタクシーですよ!ささやかですが、お幸せになられますように」と四葉のシールを下さいました。

この四葉のクローバー車、1300台走ってるタクシーのうち、4台しかないそうですよ。

というか、1300台も京都で走っていることが驚きだったのですが。

 

さてさて、その効能やいかに!今後に期待です*


2014-07-23 08:00:00

京都もおととい梅雨が明け、これからしばらく本格的な夏が続きそうです。暑いです。すでに朝から。

さて、こんなに暑い中、先日、来年2月の京都マラソンのランナー募集要項が発表されました。

 

日にち : 2月15日(日)

ランナー募集期間 :7月29日 火曜日 10:00~ 9月1日 月曜日 17:00

専用振替用紙での応募は8月20日 水曜日 まで

 

詳しくは公式ホームページをご覧ください。こちら

 

次で4回目ですが、徐々に盛り上がっているように感じます。毎年、ランナーそして、ご家族の方が来られますが、みなさん楽しかったー!と言って帰って来られます。ただ、こちらはエレベーターがないので、階段を上るときはつらそうですが。

すでに2月の予約を受け付けており、前日の14日のシングルルームは満室です。

ご予定がある方は、まず宿をおさえることをおすすめします。

 

 


2014-07-20 20:00:00

三連休2日目、今日も暑かったです。午後には突然雨が降り出したり、晴れたり。通りには晴れてるのにずぶぬれになってる人もいました。

暑いし、そんな天気だし、考えたらこの連休、一歩も外にでていない!という状況でしたので、ちょっとそこのセブンに子供とお出かけガイドブックがないか見に行ってみました。

そこで発見!レジの前、パンの陳列棚一段、

京都限定 セブンイレブンの宇治抹茶のパウンドケーキ。

本見るついでに、夜食も。アイスは飽きたし、チーズケーキもなんだかな~。とあきらめかけたその時、これが目に入ったのです。

・・・さて、夜食の時間となりました。

しっとり、甘すぎない、まっちゃが効いている。あっという間にで2切れ完食。とてもおいしかったです。でも、牛乳かコーヒーが欲しくなります。私は自販機のミルクティで済ませましたけど。

 

旅の帰りにいかがでしょう。セブンは京都駅の八条口にありますよ。

 


2014-07-17 20:00:00

今日は無事に山鉾巡行が終わったようですね。

さて、先日夜10時ごろ、アレルギーがでて薬もないため病院に行きたいと言われるお客様がいました。

夜間だし、近くの個人病院は開いてませんので、数件の総合病院に連絡しました。でも、「うちではちょっと」「2時間以上は待ってもらいます」「英語ができる医師がいないので外国の方はちょっと」と対応ができないことを告げられ、落胆していました。その間にもじんましんがひどくなっていくのが目に見えてわかります。困った矢先、最後にかけた病院の方が夜間の病院を探してもらえるという電話番号を教えてくださり、それでも3件ほどかけたのち、受け入れてくれるところが見つかりました。

話口の方はとても丁寧で、英語ができる医師がいる病院、地下鉄沿線上の病院、下京区の病院などいろんな条件がありながらも親身に探してくれました。そして、無事に病院に行くことができ、次の朝にはすっかり元通りの肌になり、大変喜ばれていました。

旅先で、国内でさえ病気になると不安ですが、海外ともなるとその不安ははかりしれませんね。私も旅先で風邪を引いたことがあるので分かります。これまでも何人かお客様を病院へ案内しましたが、それは昼間で、今回のような夜間のケースは初めてだったので私自身も大変動揺しました。でも最終的には病院が見つかって、対応してくださったのでよかったです。

その、夜間の病院を探してもらえるところはこちらです。(京都限定)↓

京都府救急医療情報センター(電話:075-661-5599)

 

もしもの時には電話してみてください。

 

 

 

 

 

 


1 2 3 4 5 6 7 8